お腹痩せダイエット中学生編!意外なたった1つの原因と対策について

   


ボニックPro詳細はコチラ

 

適当な記事ばかりが目立ちます。

 

お腹痩せをしたい皆さんに知ってほしいのは、中学生でダイエットとかまだ考えないで大丈夫です。

いろんなブログなどを見てみると、中学生に向かって「お腹の筋トレ方法」や「ダイエットの仕方」などを説いている記事がありますが、それではあなたの悩みを解決できるとは思えません。

 

確かにコンビニでの頻繁な買い食いなど食生活の乱れや、運動不足の子は肥満になる傾向があります。

でもはっきり言ってほとんどの中学生の子が体重的には太っていないのに「痩せたい」と言っている子ばかりです。

 

そんな皆さんが本当にすべきなのは「ダイエット」ではなくて、もっと日常生活に潜んでいるあることの改善になります。

そこを治すだけでポッコリお腹が簡単に改善できるんです。

あなたはそもそも「肥満」ですか?

この記事を読んでくれているあなたはおそらく中学生かその両親の方だと思います。

 

お腹を凹ませたい!という気持ちはわかるのですが、本当にあなたは適正体重よりも多いのでしょうか。

こちらの厚生労働省の年齢別全国の平均体重を見てみてください(平成25年度版)

     
体 重(㎏) 体 重(㎏)
平成25年 (2013) 平成25年 (2013)
     
12歳 41.2 42.8
13歳 49.9 43.0
14歳 55.1 48.5
15歳 58.0 48.6
16歳 58.3 52.6

上記数値はあくまで「平均値」なので、多少超えている分には全く問題ありません。

いかがでしょうか。あなたの体重は例えば平均よりも5キロ以上多いですか?

もしも体重がほぼ平均、もしくは多少多い程度であれば、あなたのポッコリお腹の原因は「肥満」ではないです。

 

最近若い人の間で広まっているお腹がポッコリしている原因は普段の姿勢にあります

この姿勢が悪さをして、体重的には太っていないあなたのお腹をポッコリさせてしまっているかもしれません。

スマホで姿勢が乱れるスマホ症候群とは?!

スマホを使う時間が長くなってきています。

最近がYouTubeなどの動画やLINEなどを利用する人が多く、その分集中して画面を見続けますよね。

それによって姿勢が猫背になり結果として肩こりや首を後ろに倒すと痛みが走るなどの症状が起こります。

 

これがスマホ症候群です。

 

実はこのスマホ症候群、猫背を引き起こしたときにお腹が前屈します。

それが結果として、お腹が出ているように見える原因ともなってしまうんです。

 

最近の中学生の子でお腹痩せしたいという子のほとんどがこの姿勢が原因です。

だから安易にダイエットに走っても結局お腹が引っ込まないで悩むことになります。

まずはダイエットは置いておいて、この姿勢強制から始めませんか?

一日5分でできるスマホ症候群の解消方法

それでは一日たった5分でできるスマホの解消法を見ていきましょう。

方法は簡単で、まずは用意するものです。

▼用意するもの

・分厚いバスタオル:二枚

・輪ゴム:4つ

 

次に、具体的な方法を見ていきましょう。

▼スマホ症候群解消の方法

①分厚いバスタオルをクルクルと丸めて、両端を輪ゴムで止めます。

②普段寝ている布団かベッドに移動します。

③一つのバスタオルを首に、もう一つを腰に置いて5分仰向けで寝ます。

 

ちょっと文字だと分かりづらいと思うので、動画を探してきました。

たけだ整体院さんの動画になります。

 

この動画を参考に一日5分スマホで崩れた姿勢を直すようにしてみてください。

最後に

中学生のころ、私は自分のお腹が出ていると思い込んで過剰なダイエットをしてしまった結果、軽い拒食症になったことがあります。

でも実は体重は平均体重より数㎏多いぐらいで、本当の原因は猫背だと分かったのは後で整体に行ったときでした。

皆さんの場合はまず本当に自分が太っているのかを改めて考えてほしいですし、私のように妙にダイエットに固執して辛い思いをしてほしくないです。

 

スマホ症候群による猫背は間違いなく広がってきています。

今日お伝えした方法でまずは猫背の改善を心がけてみてください。

きれいな姿勢は大人になっても一生の財産になっていきますので。

 

 - お腹痩せダイエット , , ,